釣りの後始末は、釣り人の自己責任です。
汚すのは簡単。しかし、元に戻す事は、不可能に近いのです!
せめて自分の周囲だけでも、きれいにしてから帰ってください。
後輩にも釣りを楽しませること、それはあなた次第です。
釣り場では先輩とか後輩関係なく、お互いに声を掛け合って釣場を綺麗にしてから帰るようにしたいものです。
ようこそあなたは
アクセスカウンター
番目のお客様です
釣りランキングサイト 庄内版釣りバカ日誌
庄内地方Yahoo・天気予報 村上龍男氏好評発売中




0115
ここ数年余り釣果が良くなかったハタハタ釣だったが、今年は1月に入ってもまだ釣れ続いている。
一方クロダイはハタハタの産卵で一服状態。 

3月末まで釣り情報は休憩します。



1231
今年のハタハタもほぼ終了。暇を持て余した釣り人たちが押しかけてはいるものの余り釣れてはいない。
10日あたりに山場を迎えた今年のハタハタ漁は産卵を終えて美味しさが半減してしまう事から味は落ちてしまう。釣れ始めから一週間から10日位が山場で後は唐揚げや醤油で濃い味を付けなければ美味しくない。アジの落ちた安いハタハタを当地方では、湯上げしてお酢を入れた大根おろしでいただく。
これからは、温排水の桟橋付近でのブッコミ釣、砂防堤の浮きふかせ釣がメインとなる


12
15
豆尽くしの料理とハタハタの田楽で大黒様をお祝いする日である9日にハタハタがとどっと庄内浜に押し寄せて来た。昨年は数日で終了だったが、数日過ぎた今日も北港水路でまだ釣れ続いている。
今年は天候が今一つだったが、122日から4日迄水路でクロダイの良型が釣れていた。すぐ近くの温排水では、小型のメジナがポツポツと釣れているが、8日から9日にかけての大雪で終了か?
これからは桟橋の脇のぶっこみ釣りの黒鯛狙いが中心となる。




「魚拓とサムライ」 2012-09-13日本経済新聞に載ったもの
庄内の釣りについての一つの参考になると思います。


酒田港釣り情報も併せてご覧ください。


1月14日 天候 晴
一月に入っても、ハタハタは釣れ続いている。
産卵を終え小型のものが多い。
魚は有限です。余分な魚はリリースしましょう。
更新略歴
静岡県浜松市に生まれ、昭和50年代よりT誌に《浜名湖の四季》を連載した、浜名湖のキビレ釣の名手maruさんが、釣随筆リンクを作られました。「それゆけ!汐凪丸」 のオーナーで釣人生を人倍熱く語る随筆は必読です。 これ以外にも御前崎と黒鯛の物語」「三軒屋と黒鯛の物語/完結等のコラムがあり、長年の経験談や知識を書き込まれています。


Last update 2017-10-12