釣りの後始末は、釣り人の自己責任です。
汚すのは簡単。しかし、元に戻す事は、不可能に近いのです!
せめて自分の周囲だけでも、きれいにしてから帰ってください。
後輩にも釣りを楽しませること、それはあなた次第です。
釣り場では先輩とか後輩関係なく、お互いに声を掛け合って釣場を綺麗にしてから帰るようにしたいものです。
ようこそあなたは
アクセスカウンター
番目のお客様です
釣りランキングサイト 庄内版釣りバカ日誌
庄内地方Yahoo・天気予報 村上龍男氏好評発売中



07月15日
14日の朝北港奥の船溜りの右側のぶっ込み釣りで早朝真鯛と黒鯛が釣れた。えさはユムシ。
同じく左側の船道で黒鯛が釣れている。
一方砂防堤の穴空きケーソンのウキフカセ釣りに40cmの真鯛。
今年の天候異常は魚釣りにとっては最悪の状況。
温排水のメジナ釣りは昨年の子が中心で25cm前後のものはほとんど釣れていない。しかし、数は釣れてきたので今後に期待したい。例年なら尺物も期待できる。
先週末本港の付け根付近で黒鯛の良型が釣れたとの情報あり。今年真鯛がポツポツ釣れているが、黒鯛が少ない。

06月30日
先週から今週初めまで雨が続いた。しかも肌寒い日が多かった。
そんな時に釣れる訳がない。
南の由良、堅苔沢、鼠ヶ関方面で比較的好調であった好調であったアジも陰りを見せている。型、量とも激減。
旧墨系アルミ埠頭のアジ釣りも好不調が極端で釣り人か集まらなくなった。温排水のアジは夕方から9時ごろまで小型から中アジが餌釣りでポツポツ。昨年まで人気の水路は、絶不調。
クロダイも不調で砂防の穴開きケーソンで稀に釣れているくらい。いつもなら温排水で釣れている筈の二、三歳から尺物も今年は全くと云っていいほど釣れていない。
本港の真鯛も年はまだ尺物が一枚。砂防でも一枚しか釣れていない模様。

06月15日
先週から今週初めまで雨が続いた。しかも肌寒い日が多かった。
そんな時に釣れる訳がない。
南の由良、堅苔沢、鼠ヶ関方面で比較的好調であった好調であったアジも陰りを見せている。型、量とも激減。
旧墨系アルミ埠頭のアジ釣りも好不調が極端で釣り人か集まらなくなった。温排水のアジは夕方から9時ごろまで小型から中アジが餌釣りでポツポツ。昨年まで人気の水路は、絶不調。
クロダイも不調で砂防の穴開きケーソンで稀に釣れているくらい。いつもなら温排水で釣れている筈の二、三歳から尺物も今年は全くと云っていいほど釣れていない。
本港の真鯛も年はまだ尺物が一枚。砂防でも一枚しか釣れていない模様。

05月31日
 今年のアジは早くに来てさっと散ってしまった感がある。朝より夕方に釣れる事がある。
南の旧亭屋下や鼠ヶ関もあまり釣れなくなった。北港の旧住軽アルミ埠頭では、日中は頑張っても数匹どまりだが、朝夕に入れ食いの事もある。ただ型が小さくなって来ている。
また夕方に砂防提先端部出釣れる事もある。
クロダイは、先砂防堤で週末に50cmクラスが上がった以外はあまり釣果はない。
北港一帯でキスが釣れ始めたが、まれに30cmオーバーが釣れることもあるが一般的に型は今一つだ。また浜立ちでもポツポツト釣れてきたが、型は小さいようだ。




「魚拓とサムライ」 2012-09-13日本経済新聞に載ったもの
庄内の釣りについての一つの参考になると思います。


酒田港釣り情報も併せてご覧ください。

05月30日 天候 時々晴れ
今年の味釣りは、あまり芳しくない。!
魚は有限です。余分な魚はリリースしましょう。
更新略歴
静岡県浜松市に生まれ、昭和50年代よりT誌に《浜名湖の四季》を連載した、浜名湖のキビレ釣の名手maruさんが、釣随筆リンクを作られました。「それゆけ!汐凪丸」 のオーナーで釣人生を人倍熱く語る随筆は必読です。 これ以外にも御前崎と黒鯛の物語」「三軒屋と黒鯛の物語/完結等のコラムがあり、長年の経験談や知識を書き込まれています。


Last update 2017-10-12