釣りの後始末は、釣り人の自己責任です。
汚すのは簡単。しかし、元に戻す事は、不可能に近いのです!
せめて自分の周囲だけでも、きれいにしてから帰ってください。
後輩にも釣りを楽しませること、それはあなた次第です。
釣り場では先輩とか後輩関係なく、お互いに声を掛け合って釣場を綺麗にしてから帰るようにしたいものです。
ようこそあなたは
アクセスカウンター
番目のお客様です
釣りランキングサイト 庄内版釣りバカ日誌
庄内地方Yahoo・天気予報 村上龍男氏好評発売中



06月14日
11日本港で今年4枚目の真鯛75cmが釣れた。例年より良く釣れている。しかし、例年同所で釣れても良い筈の黒物はまだ釣れていない。
週末から日曜日にかけての二、三日風が強く海が時化ていたが、12日温排水で45cmのクロダイと尺物2枚他二、三歳物が5枚ほど上がった。他壁の高所からテトラの先に投げ釣りで40cmの真鯛。
北港全般に言える事だが、好調だった中アジがだんだん小型化して来た。
砂防堤の穴あきでも、尺物がポツポツだが釣れている。

0531
酒田の山王祭が終わりやっと海水温度も上昇。
北港一帯、新井田川河口大濱西埠頭で中アジに大アジ混じりが釣れている。遠投のウキサビキがメインだが、水路の三番目の風車、温排水ではイサダ釣、コアミを撒餌に小型オキアミの一本釣りで良型のアジの一本釣りが楽しめる。
一頃より数は減って来たが、温排水で二、三歳のクロが釣れている。
赤が昨年より少し早く釣れ始めた。住軽アルミ埠頭の右側での籠釣り、砂防堤先端付近と温排水のウキフカセ釣、本港のアオイソメのフカセ釣。
宮海、白木、十里塚などの浜で良型の白ギスが釣れ始めた。産卵のために寄って来た物で、余り釣って欲しくないのだが・・・・。



「魚拓とサムライ」 2012-09-13日本経済新聞に載ったもの
庄内の釣りについての一つの参考になると思います。


酒田港釣り情報も併せてご覧ください。

06月18日 天候夕方・晴
最近南突堤の付け根付近でシーバスがコンスタントに上がっている。
魚は有限です。余分な魚はリリースしましょう。
更新略歴
静岡県浜松市に生まれ、昭和50年代よりT誌に《浜名湖の四季》を連載した、浜名湖のキビレ釣の名手maruさんが、釣随筆リンクを作られました。「それゆけ!汐凪丸」 のオーナーで釣人生を人倍熱く語る随筆は必読です。 これ以外にも御前崎と黒鯛の物語」「三軒屋と黒鯛の物語/完結等のコラムがあり、長年の経験談や知識を書き込まれています。


Last update 2015-02-03